★☆アレックス・コリアー☆★ ★☆アンドロメダ星人の☆★ コンタクティー☆ Since 2010-01-01 01:01


by CollierAl
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

mmmkkk0358 サンゴさんのMy知恵袋 アレックスコリアー文字起こし5


アレックスコリアー文字起こし5
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n165779


ライター:mmmkkk0358さん(最終更新日時:2013/3/26)投稿日:2013/3/26 アドバイス受付中!


#9個人での意識改革と地球人としての責任



I:テレビを捨てよと仰いましたが、

 テレビ番組は悪質なET達に強要されて制約されているんでしょ うか?

 それとも人間がお金の為にやっている事でしょうか?

A:僕もよくは知らないんです。

 バイオレンスが私達の感覚を鈍らせています。

 今や暴力が当たり前になっています。

 そう教えられて来ているんです。

 暴力が生活の一部であると吹き込まれてきてるんです。

 なので本当に酷い暴力を見ても「あら、酷いわね」くらいにし かならない。

 「あなた、7チャンネルは何やってる?」「今晩は何の映画を 借りようかしら?」

 そういうところから来るんです。

 そして間違ってる。

 このすべてが起こらないといけないなんていう理由はどこにも ないんです。

 

 その大きな理由が人々の責任にあるんです。

 なぜならプロデューサーやハリウッドがそういった映画を作る 訳で、僕らがチケットを買って観に行くような事をすると、彼 等に同じような映画を金儲けの為にもっと作ろうという動機を 与える事になるんです。

  もし彼らが2千万ドルを費やして誰も観に行かなかったら、

  そういった映画を作り続けようとはしないでしょう。

  だから結局のところそれは個人レベルでの責任に行きつくんで  す。何を考え、何を信じたいか、そして何を築きたいのかにお  ける責任です。

 

 I:アンドロメダ人は私達がそのレベルまで達する事が出来ると思  ってますか?

 A:今のところまだ不透明です。

  それが怖いとこです。彼等もわからないんです。

 I:何をすれば前進出来るんでしょうか?

 A:わかりません。

  こういう事に関して話している人達に耳を傾ける事

  くらいでしょうか。

  そして今起こっている事にもっと意識を向ける事でしょう。

  僕の祖父が以前よく言っていたのが、

  「百聞は一見に如かず」でした。

  僕はワシントンDCから来る情報は一つも信じません。

  実際これは僕個人の見解ですが、

  来年の11月にある選挙の時になったら、

  すべてのアメリカ人がワシントンDCに向かって行進をして、

  そこにいるすべての役員をクビにするべきです。

  彼らがこの国を苦境に陥れ、

  完全に私達を国連に売ったんです。

  金の為、負債の為に。

  

  そもそも金融システムだって単に信仰価値観

  から来るものなんですよ。

  本気で変えようと思えば明日にでも変えられるものなんです。

  私達は全く違ったものを作り上げる事が出来るくらい

  利口なんです。

  でも私達には「お金は必要だ」という信仰価値観がある。

  知ってますか?この銀河では私達地球人だけなんですよ!

  飢えに苦しむ人がいて、ホームレスがいるのは。

  ほんと馬鹿げた話ですよ。

  こんな風にある必要は全くないんです。

  他の星の文明では話が全く違ってます。

  ドラコニアンですら自分達の事は自分達で面倒を見てますし、

  地球人の様にお互いを売り飛ばす様な事はしませんよ。

  彼らですら誰かを道端に投げ捨てる様な事はしない。

  単なる紙切れのようなものであるお金を持っていないから

  という理由で。

  

  価値があるものは私達が「それは価値がある」と

  信じるから価値があるだけです。

  ドラコ達はお金みたいなものは使わないんですよ。

  彼らですら子どもは飢えさせないし、

  人口の20%に値する数の家畜に穀物を与えて

  25%の人間を飢えさす様な事もしません。

  不合理極まりない事です。

  彼等はそんなことをしようとも思わないですよ。

  でも私達はそういう事をする。金と権力の為に。

I:それは過去5700年の間に地球で起こって来てる事の計画の一部で すよね?

A:その一部です。

 が、結局のところこの事態を把握していながらそれに加担してい る人間にも大きな責任があります。

 彼らには「皆さん、現実と向き合いましょう」と言うだけの勇気 はないんです。

 大統領オフィスの中に「皆さん、私達は売り飛ばされてきた」と 立ち上がってはっきり言えるだけ強い人がいない。

 そして私達の政府の中には私達が良すぎるから、豊か過ぎるか  ら、という理由で、

アメリカをぶち壊そうとする勢力があって、

 代わりに意識上昇を促すことも生活を向上

 させることもせず・・・・・・えっと・・・

 言葉が出てこないな・・・生活水準・・・

  生活水準を上げる代わりに、世界的に、

  彼等はむしろアメリカ合衆国を、

 私達の生活水準もろともぶっ壊してしまおうと考えている。

 そうする事でアメリカは他の国と対等になり、

 全世界を発展途上国のようにしてしまうんです。

 それを彼等はやってる。たかが権力の為に。

 貪欲さが元で私達自身を売り飛ばしているし。

・・もうほんとに!

 何かが成されないといけない。



I:月の裏側にある人間の軍関係基地、火星、後火星探査機につい  て話していただけますか?

 そしてアルファ・ドラコニアンが

 それにどう関わっているのか。

A:ロシアとアメリカの火星探査機はもう壊されましたよ。

 もう過去の話です。

 隠し事抜きで、探査機は密かに火星の写真を撮って

 いたんです。

 でも信じようが信じまいが、もう過去の話です。

 89年の3月にロシア側は写真を撮ったんですが、

 火星は侵略され、そこにあった30万位から成る

 地球人コロニーは一つは地下に、もう一つは地表に

 あったんですが、共に征服され、占拠されて、

 地球から来ていた自主志願した者と

 誘拐された者は地獄を見た。

 ほとんどの人は既に食べられ、殺されていて

 地球人として私達が彼らの為に出来る事は何もありません。



I:アルファ・ドラコニアンに征服されたんですか?

A:そうです。

 10万人引連れて火星に来た。

 大体全部で2100スカウトシップ(偵察機)でやって来て、

 彼等は地下に166平方kmにわたる基地にいます。

 「テンピ・テラ」と呼ばれる地域です。

 そこに基地があります。

 太古からある基地で100万年以上昔からありますし、

 最後に隆盛を見たのは31万7千年前になります。

I:天体望遠鏡の使い方を訓練してれば何らかのそれ関連の活動が  観測できますかね?

A:そう思います。僕は既に多くの人たちがそういった事に関する  活動を観測していると思いますが、公に言えない理由があるん  です。

 一体誰がそうする事で生活を危険に晒したいと思うでしょう   か?

 刑務所に行って、バカにされ、解雇され、すべてを投げ捨てて  こう公表するんです:

 「私は天文学者ですが、火星を見ていたら宇宙船が見えて、

 そこの基地がレプティリアンによって征服されたみたいです   よ」

 誰がそんなことを言えるだけの勇気を持っていると

 思いますか?

 権力を持っているエリートたちは絶対そんなことしないし、

 誰も住宅ローンを吹き飛ばしたくないでしょう?



I:でも誰かがやらないといけませんでしょう?

A:勿論です。

I:でもその時にはもう手遅れになってるかもしれないですね?

A:そうなんです。

 それをアンドロメダ人は懸念してます。

 人々はおそらくこう考えると思います。

 「アンドロメダ人達が実際ここへ来て助けてくれればいいの   に」

 しかしそうもいかない理由があるんです。

 まず第一に、

 もし私達が救済されるような事になれば、

“私達自身”で永遠に進化をしてゆく事は出来ないでしょう。

  第二に、

  私達は責任を取らないでしょう。

  何かうまくいかない事があったらいつも彼等のせいにできる。

  第三に、

  私達の現実だけでなく彼らの現実も変えてしまうんです。

  第四に、

  アンドロメダ人含め他の慈善的な種族はここへやって来て

  私達のベビーシッターをやるつもりは全くないんですよ。

  それは彼らの仕事じゃない。

  

  それから第五の理由としてもう一つ、

  私達が地球をいかに酷く扱ってきたかを見てみて下さいよ。

  彼等はこう思うんですよ。

 「何で自分達自身を助けようともしない地球人を

 私達が助けなきゃいけないんだろうか」

 「努力さえもしていないのに」

 地球の掃除は官僚に任せているけど、

 3億ドルはこっちに、10億ドルはこれに費やして、この20  億ドルの予算は有害廃棄物の浄化に使いましょう、

 なんてやってるけど、状況は悪くなる一方。

 状況の悪化が問題なのではなくて、

 問題は個人レベルにあるんです。

 もうプルトニウムは作らない事

 スタイロフォームの生産も止める。

 そう産業界や会社に言うんです。

 それをコントロールするのは彼らではなく私達消費者なんです  よ。

 もし私達が製品を買わなければ生産も終わるんです。

 それで解決ですよ。

 私達が変わらないといけない。

 地球は私達の星なんですから。

 人類のカギを握っているのは私達です。

 それは会社でも、500人が握る富でも、300人から成る委員会で  も、第三者国でもない。

 それら全員をクビにしなければいけないとなればそれも可能な  んです。

 まずは皆で集まって何らかの行動を起こさないといけない。

 そしてそれは一般大衆によって近い内に始められないといけま  せん。



I:もし私達が立ち上がって暴動を起こせば、そういったリーダー  達は軍隊に鎮圧を願い出るんではないでしょうか?

 政治デモを抑圧するような感じで。

A:でしょうね。

 たぶんそういう事をやろうとすると思いますよ。

 まったくその通りです。

 でもね、知ってますか?

 アメリカ独立戦争を例にとってみましょう。

 植民地の人口の4%が実際立ち上がってイギリスと戦ったんで  す。たった4%です。

 他はみんな家にいたりパブで酒を飲みながら

 どっちが勝つのかを見守っているだけだった。

 そんでもっていざアメリカ側が勝った時には皆その功績を欲し  がった。

 でも実際たったの4%だったんですよ。英雄達ですよ。

 そしてその4%が世界情勢を変えたんです。

 アメリカが建国されて210~220年になりますが、

 私達は今その時と同じ状況に直面していて、当時と同じ事をや  る事を迫られているんです。



I:でもそこで矛盾が出てくるのは、

 一度私達自身の間で戦争を起こせば

 現状悪化させてしまうではないですか?

A:短い期間の内はそうなるかもしれませんね。

 一方が降参するまでは。もしくは一方が光を見るまでは。

 

 ニュー・ワールド・オーダーについて知ってますか?

 彼らが強制収容所を建設して何十万という人達を収容している  のを。

 今現在アメリカに30万の国連軍が滞在していて武器を没収し  ようとしていて、

 没収が行われる際は米兵を国外へ送り出しておこうとしている  事を知っていますか?この事を知ってましたか?

 300トンに及ぶ武器を備えたロシア軍が侵攻目的で南のベラク  ルス沖に滞在しているんです。

 実際いくらかの州は合衆国から離れようとしてる。

 それには9つの理由がありますが、

 すでにアメリカ合衆国が分割されるような指定が成されてるん  です。

 もう合衆国を分解する準備は出来てるんです。

 アメリカ合衆国としての真の部分は、

 ・・・本当に頭に来る事ですが、

 ワシントンDCなんです!

 その176平方kmの土地だけです。

 本当の意味でアメリカ合衆国なのはそこだけです。

 私達が今いるのはアリゾナ共和国

 カリフォルニアにいる人達はカリフォルニア共和国に属す。

 それらの共和国が合衆国を形成しているんです。

 そしてワシントンDCは完全に操られ切っている。

 もはやアメリカは建国の父達が建国したものではなくなってる  んです。

 全く違うものに成り果ててる。

 1992年に、米議会は国際連合憲章を承認しました。

 統制されたメディアや出版界のせいで人々が知らない事はと言  うと、

 それが条約であった為、合衆国憲法に取って代わるものだった  んです。

 国連憲章が今や国の法律になってる。

 憲法じゃなくなってるんです。

 そして国連憲章の中の第55条と56条に、

 調べてみて下さいよ。

 僕が間違っていると証明してみて下さい。

 米議会はもはや合衆国憲法に従う必要なない、

 と表明しています。

 1992年をもってアメリカ合衆国は存在しなくなったも同然で   す。

 彼等はまだその事を国民に知らせていない。

 すべての武器が非合法化されるまでは伝えないつもりでいま   す。

 憲法修正第二条を完全に規制して、国民からすべての銃器を奪  うまでは。

 そうすれば国民は立ち上がって戦う事ができず、

 自由を取り戻す事も出来なくなる。

 このすべてが計画の一部なんです。

 これがアンドロメダ人がアメリカに強い関心を寄せ、

 人々の意識を芽生えさせようとしている理由です。

 統制されたメディアだけでなく、ここには信じられないくらい  強いスピリチュアルの要素を持つ人々がいるからです。

 

 私達の歴史は200年ほどですが、その間に生きた魂の多くは再  びここに生まれ変わって来てる。ここにいるんです。

 ジェファーソンは生きてるし、彼らの魂がですが、

 フランクリン、ケネディ、弟のボビー・ケネディ、マーティ   ン・ルーサー・キング、アンドリュー・ジャクソン、そしてリ  ンカーン元大統領も皆輪廻転生してアメリカに舞い戻って来て  ます。なぜなら、今はここで戦いが起こってるからです。

 光と闇の間で。

 上にはグレイ、下にはレプティリアンがいて、その間に人類が  いるんです。

 アメリカ人のみならず世界中の人々です。

 そして人間はサンドウィッチみたいに挟まれながら

 「何がどうなってんだ?」

 ってなっているんです。

 後10分だけ話して終わりにしましょう。



要点:

個人レベルでの意識改革と責任について、

私達地球人が考える必要がある事

・生活にバイオレンスは必要か

・金融制度も本当に必要なのか

・将来どんな社会を築きたいか

・何に価値を見出すべきなのか

・個人レベルで出来る事は何なのか

・自分達で責任を取るとはどういう事なのか
[PR]
by CollierAl | 2014-01-23 02:02